膝痛の概論 - リライズランニングプロジェクト
FC2ブログ

膝痛の概論


ランナーに圧倒的に多いのが『膝痛』です。





・膝の外側が痛い~腸脛靭帯炎

・膝の内側が痛む~鵞足炎

・膝のお皿の下部が痛い~膝蓋靭帯炎

・膝のお皿が全体的に痛い~膝蓋軟骨炎

と一般的な分別もありますが、さらに問診によっては

は画像検診含めた精密な調査が必要な場合もあります。



また過去に「スキーで負傷して痛めた」「サッカーで痛めた」といった

前十字靭帯、内側側副靭帯、半月板の受傷履歴などが

現在になんらかの影響を与えている場合も多くあり、上記にあげた

病態ではないこともあります。



ランニングフォームや関節可動の問題によって痛みが誘発されている

ので膝関節だけでなく、股関節、足関節、足趾などの状態のチェックも

必要です。

IMG_1694.jpg

このように膝関節というのは股関節と足関節の中間に位置するため

専門的なチェック、治療、トレーニングをしないと痛みがなかなか

ひかない、「治ったと思って走ったらまた痛くなった」という

ランナーが多いのです。

////////////////////

【リライズ鍼灸院】
http://rerise-web.com/
名古屋市瑞穂区豊岡通3-38若山ビル1F 
℡052-859-1500

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

行方ランニングコーチ・トレーナー・鍼灸師・ランナー  PB/Half1:23:40/Full3:01:11  7年連続飛騨高山100㎞完走

Author:行方ランニングコーチ・トレーナー・鍼灸師・ランナー  PB/Half1:23:40/Full3:01:11  7年連続飛騨高山100㎞完走
   
「自己記録の更新をした時の達成感・・・。」

「初マラソンを完走した時の充実感・・・。」



目標を持って、その目標を達成したとき

どのような気持ちでしょうか?

映画を観終わった時や、本を読み終わった時とは、また違う感動がありませんか?

マラソン(ランニング)は自分の成し遂げたこと・走ったことで自分自身が感動することができる

身近なスポーツの一つだと思います。

また、時としてそれは周りの人たちへも感動をあたえることができる素晴らしいものだと思います。

このことはレベルやカテゴリは関係ないものと、確信しています。

私もそのような経験があります。

だから、多少苦しくても走り続けるのかもしれません。


一つ大事な事は前向きに一生懸命に頑張っているかどうかではないでしょうか。

これはマラソンやスポーツに限ったことではなく、仕事や人生においても同じことがいえるのかもしれません。

その中でケガや体の不調があり、一時的に落ち込むこともあるかもしれません。
しかしリライズランニングプロジェクトは一生懸命な、前向きなあなたを応援いたします。

一緒に感動を共有しましょう。

皆様のご参加をお待ちしております。

QRコード

QR