15年ぶりの・・・・・ - リライズランニングプロジェクト
FC2ブログ

15年ぶりの・・・・・

昨日4月27日(木)

名城公園「tonarino(トナリノ)」オープン! 】

トリナノはイタリアンレストランやカフェの他、シャワー室・ロッカールームも

備えたランニングステーションなどが集まる複合施設です

ただ私は瑞穂区の

~ナチュラルランニングロード山崎川inリバティ~

で一人トレーニング。

1000M×1→3分20秒

15年ぶりくらいにロードで3分20秒ジャストで走れた。

timeは遅いが学生時よりも股関節と足関節の連動で地面を
押せている感覚は鋭いと感じる。ま、意識してやっているから
ですけど。

ライオンに追いかけられているくらい呼吸は苦しい。しかし、
これだけ心拍数を上げれば脳の本能である
~野性・・生きる~というシステムへの働きかけになったであろう。

runfo.png


スピードは落とさず高山へ向かいます。

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

行方ランニングコーチ・トレーナー・鍼灸師・ランナー  PB/Half1:23:40/Full3:01:11  7年連続飛騨高山100㎞完走

Author:行方ランニングコーチ・トレーナー・鍼灸師・ランナー  PB/Half1:23:40/Full3:01:11  7年連続飛騨高山100㎞完走
   
「自己記録の更新をした時の達成感・・・。」

「初マラソンを完走した時の充実感・・・。」



目標を持って、その目標を達成したとき

どのような気持ちでしょうか?

映画を観終わった時や、本を読み終わった時とは、また違う感動がありませんか?

マラソン(ランニング)は自分の成し遂げたこと・走ったことで自分自身が感動することができる

身近なスポーツの一つだと思います。

また、時としてそれは周りの人たちへも感動をあたえることができる素晴らしいものだと思います。

このことはレベルやカテゴリは関係ないものと、確信しています。

私もそのような経験があります。

だから、多少苦しくても走り続けるのかもしれません。


一つ大事な事は前向きに一生懸命に頑張っているかどうかではないでしょうか。

これはマラソンやスポーツに限ったことではなく、仕事や人生においても同じことがいえるのかもしれません。

その中でケガや体の不調があり、一時的に落ち込むこともあるかもしれません。
しかしリライズランニングプロジェクトは一生懸命な、前向きなあなたを応援いたします。

一緒に感動を共有しましょう。

皆様のご参加をお待ちしております。

QRコード

QR