川内選手の話題に乗っかる - リライズランニングプロジェクト
FC2ブログ

川内選手の話題に乗っかる

いつもブログをご覧いただきありがとうございっます。

先日の日曜日はお伊勢さんハーフマラソンがありましたね。

当院にお見えのお客様も多数参加されておりました。

まだランニングを始めて2年前後という方もいらっしゃいましたが、

数名初の2時間切りを達成されておりました。

ハーフマラソンで2時間を切るということはフルマラソンにおける
サブフォー(4時間以内)の必須タイムと言えるでしょう。



もちろんハーフのスピードがフルで維持出来るのかという論点は
ありますが、逆説的にいえば維持できればサブフォーです。

その原点となるとりあえずのスピードリズムは獲得できたといえる
でしょう。

兎にも角にもおめでとうございます!



同日は福岡国際マラソンも開催され、川内選手の走りが注目されました。
。。。。というかいやでもテレビを観てしますね。

私も久しぶりにフルマラソンを最後まで視聴して、途中
テレビに向かって『川内ぃ〜』と応援してしまいました。

ところで今回マラソンや川内選手の話題では一般的な論調と
して他の実業団選手が不甲斐ないのでは?というものがあります。

練習量や精神力などの面などについて取り上げられていますが、
詰まるとところ『考え方』と『徹底』の要因だと思います。

つまり他実業団チームも駅伝やトラックでのレベル向上を辞めて
マラソンだけに成果を求める「マラソン部」にしてしまうことです。
そうすればマラソンにフォーカスしたトレーニングやレースを行えます。

当然マラソンの結果にも繋がるでしょう。

しかし、現実としてこれらのことはできません。

できないのだから、そこでマラソンの成果を出せと言われても
酷ではあります。出している選手もいるのが逆にすごいことで
はあるが、川内選手のように毎回高レベルの記録を出す選手
まではいないのです。

上記のことが嫌で川内選手は実業団に属さないのだと聞いています。
これは一つの考え方なので正邪はないと思います。

平たくいえば川内選手はマラソンで結果を出したいが故に
実業団に属さないということになりますね。

他にも川内選手については思うところが他にもあるので
また綴ります。

201505091824579d8.jpg



「徹底」「自律」「集中力」がポイントですね。


リライズ

行方



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

行方ランニングコーチ・トレーナー・鍼灸師・ランナー  PB/Half1:23:40/Full3:01:11  7年連続飛騨高山100㎞完走

Author:行方ランニングコーチ・トレーナー・鍼灸師・ランナー  PB/Half1:23:40/Full3:01:11  7年連続飛騨高山100㎞完走
   
「自己記録の更新をした時の達成感・・・。」

「初マラソンを完走した時の充実感・・・。」



目標を持って、その目標を達成したとき

どのような気持ちでしょうか?

映画を観終わった時や、本を読み終わった時とは、また違う感動がありませんか?

マラソン(ランニング)は自分の成し遂げたこと・走ったことで自分自身が感動することができる

身近なスポーツの一つだと思います。

また、時としてそれは周りの人たちへも感動をあたえることができる素晴らしいものだと思います。

このことはレベルやカテゴリは関係ないものと、確信しています。

私もそのような経験があります。

だから、多少苦しくても走り続けるのかもしれません。


一つ大事な事は前向きに一生懸命に頑張っているかどうかではないでしょうか。

これはマラソンやスポーツに限ったことではなく、仕事や人生においても同じことがいえるのかもしれません。

その中でケガや体の不調があり、一時的に落ち込むこともあるかもしれません。
しかしリライズランニングプロジェクトは一生懸命な、前向きなあなたを応援いたします。

一緒に感動を共有しましょう。

皆様のご参加をお待ちしております。

QRコード

QR