飛騨高山ウルトラマラソン 顛末記その弐 - リライズランニングプロジェクト
FC2ブログ

飛騨高山ウルトラマラソン 顛末記その弐

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

飛騨高山ウルトラマラソン完走からはや4日・・・今思うと本当にあっという間で
朦朧とした意識のなかで本当に完走したのかと考えてしまいます。
ただ、いまだに残る筋肉痛が「現実」だったことを物語っています。


983452_475500312534968_83696304_n.jpg





自分の体をみてみると

両腕:上腕二頭筋長頭 筋肉痛
腰: 腰痛
大腿四頭筋:筋肉痛(緊張)
膝:腸脛靭帯炎
足部:まめ、脂肪体炎症など

といった具合です。

私は学生時代でも『腸脛靭帯炎』になったことがなかったのですが、
今回初めてなってみると改めて患者さんの気持ちがわかります。

ストレステスト:グラスピングテスト、大腿骨外側上顆を把持しながら、膝を伸展していくと
屈曲位30°~0°で痛みが増強するのですが、しっかり痛みが増強しました。
いつもは患者さんにやっていることが自分でも体感できるのは、また治療に活きるな~と
感動していました。こちらについてはアイシングとストレッチ、軽マッサージで1日で回復しました。


 さて大会終了後は飛騨で1泊し、有名な朝市をブラブラ(フラフラ)し「飛騨牛まん」を食しました。
うーんイマイチ食欲がなかったと思います。
私は初飛騨で、飛騨は下呂みたいなイメージでいたのですが、昔ながらの町並みや
地酒どころなど見どころや食べどころはバリエーションがありますね。

帰りの高速PAでは偶然同じように脚を引きずっている人がいました。自然と近づいて(向こうも)
マラソン話をしました。それだけウルトラマラソンは仲間、同志意識がでてしまうものなんですね。
その方は惜しくも完走できなかったので来年はリベンジを宣言していました。
今回の100㎞の完走率は69.1%ということで昨年より10%ダウンしたようです。
でも、みなさん来年も参加しそうな感じですね。




リライズ鍼灸院 http://rerise-web.com/
名古屋市瑞穂区豊岡通3-38若山ビル1F 
℡052-859-1500 

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

行方ランニングコーチ・トレーナー・鍼灸師・ランナー  PB/Half1:23:40/Full3:01:11  7年連続飛騨高山100㎞完走

Author:行方ランニングコーチ・トレーナー・鍼灸師・ランナー  PB/Half1:23:40/Full3:01:11  7年連続飛騨高山100㎞完走
   
「自己記録の更新をした時の達成感・・・。」

「初マラソンを完走した時の充実感・・・。」



目標を持って、その目標を達成したとき

どのような気持ちでしょうか?

映画を観終わった時や、本を読み終わった時とは、また違う感動がありませんか?

マラソン(ランニング)は自分の成し遂げたこと・走ったことで自分自身が感動することができる

身近なスポーツの一つだと思います。

また、時としてそれは周りの人たちへも感動をあたえることができる素晴らしいものだと思います。

このことはレベルやカテゴリは関係ないものと、確信しています。

私もそのような経験があります。

だから、多少苦しくても走り続けるのかもしれません。


一つ大事な事は前向きに一生懸命に頑張っているかどうかではないでしょうか。

これはマラソンやスポーツに限ったことではなく、仕事や人生においても同じことがいえるのかもしれません。

その中でケガや体の不調があり、一時的に落ち込むこともあるかもしれません。
しかしリライズランニングプロジェクトは一生懸命な、前向きなあなたを応援いたします。

一緒に感動を共有しましょう。

皆様のご参加をお待ちしております。

QRコード

QR