いびがわマラソン・・・・あとさき。 - リライズランニングプロジェクト
FC2ブログ

いびがわマラソン・・・・あとさき。

あとさき...というか詳細でした。

いびがわマラソン(ハーフ)
時系列バージョンです。



1km 4′09″  2㎞ 4′00″ 3㎞ 4′03″ 4㎞ 3′57″ 5㎞ 3′51″

 スタートはまずまず、山へ向かうと少し冷気を感じました。5kmすぎから右わきバラ痛が・・・。
しかし、5kmまでは概ねイーブンペース。
沿道の応援がすごい!太鼓だったり、歌だったり。ZARDの負けないでは何キロ地点だったかな。



6km 4′14″  7㎞ 4′12″ 8~9㎞ 9′07″  10㎞ 4′03″ =41′39″

わきバラ痛がすぎると前腿(大腿四頭筋)が重い、というより痛い感じでした。
昨年は沿道の子供とハイタッチをする余裕があったですが、今年はありませんでした。

そして、フルマラソンとの分岐で昨年は高橋尚子Qちゃんとハイタッチをしたので「今年も!」と
思いきや、今年はおりませんでした。残念。




11km 4′29″ 12㎞ 4′21″ 13㎞ 4′08″14km 4′13″ 15~16㎞ 7′34″

 折り返してからは、すれ違うフィットネス会員様を応援しながら(手をあげるだけ)リズムを
取り戻しました。わきバラ痛は折り返してから、消失しました。

中盤~後半、筋肉の疲れはあるのですが、「疲れている時ほど良いフォーム」を意識しました。
しかし、そうはいっても時々「ペース落として一息いれようかな」と思う時もありました。
そこで沿道の声援を聞くと、「もう少し頑張ろう」と思い、前のランナーを追いかけました。



17km 4′15″ 18㎞ 4′06″ 19㎞ 4′10″ 20㎞ 4′13″ 1・23′13″

 折り返してからも、応援が!  
できるだけ手をあげて応えました、応えたくなります。
なぜか国旗(日の丸)で応援をしてくれるおばあちゃんもいました。
これもまた嬉しいです。代表じゃないけど。


そしてゴール
21.098km 4′50″  1時間28′02
 
 後半は脚が動き出したので大幅なペースダウンは避けれたのですが、ペースアップができない。
 昨年より走りこみをしているので、エネルギーサイクル的には余裕があります。しかし走りこみをしているその分、筋トレ(スクワット)をしていないことに走りながら気付きました。

昨年はマックス100kg~120kgでトレーニングをしていたのですが、現在はレッグプレスのみです。
アップダウンが激しいいびがわマラソンの対策としては重要事項だと感じました。

 

大会運営、エイドステーション、救護、受付、ボランティア、駐車場などホスピタリティに溢れた大会でした。
そして沿道のご声援本当にありがとうございました。

 来年のいびがわマラソンではフルでついに「サブスリーをねらいます」(ほんまかいな)

 
 去年のいびがわマラソンハーフ1時間31分20秒→今年(365日後)1時間28分02秒
365日で3分ほど速くなったとも考えられます。やはりランニングプランニングをしないと
だめですし、逆にすれば確実に速くなるともいえましょう。(ある程度記録限界はあると思う)

これについてはまた今度書きます。。。

会員の皆様もみなさんもれなく完走、おめでとうございました。
オリジナルTシャツのご着用と合わせてお礼申し上げます。









コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

行方ランニングコーチ・トレーナー・鍼灸師・ランナー  PB/Half1:23:40/Full3:01:11  7年連続飛騨高山100㎞完走

Author:行方ランニングコーチ・トレーナー・鍼灸師・ランナー  PB/Half1:23:40/Full3:01:11  7年連続飛騨高山100㎞完走
   
「自己記録の更新をした時の達成感・・・。」

「初マラソンを完走した時の充実感・・・。」



目標を持って、その目標を達成したとき

どのような気持ちでしょうか?

映画を観終わった時や、本を読み終わった時とは、また違う感動がありませんか?

マラソン(ランニング)は自分の成し遂げたこと・走ったことで自分自身が感動することができる

身近なスポーツの一つだと思います。

また、時としてそれは周りの人たちへも感動をあたえることができる素晴らしいものだと思います。

このことはレベルやカテゴリは関係ないものと、確信しています。

私もそのような経験があります。

だから、多少苦しくても走り続けるのかもしれません。


一つ大事な事は前向きに一生懸命に頑張っているかどうかではないでしょうか。

これはマラソンやスポーツに限ったことではなく、仕事や人生においても同じことがいえるのかもしれません。

その中でケガや体の不調があり、一時的に落ち込むこともあるかもしれません。
しかしリライズランニングプロジェクトは一生懸命な、前向きなあなたを応援いたします。

一緒に感動を共有しましょう。

皆様のご参加をお待ちしております。

QRコード

QR