2017年09月 - リライズランニングプロジェクト
FC2ブログ
  • いつもブログをご覧いただきありがとうございます。先日の土曜日はナゴヤドームリレーマラソンに参加してまいりました。ケガなく走るという前提で3チーム(6人チーム)で参加し概ね3時間30分でどのチームも完走ができました!普段おひとりで走られている方も心地よいプレシャーを感じながら、いつもと違う・・異空間を堪能できたのではないでしょうか。いつもと違う・・・これが人には大事です。毎回違うと大変ですが、時々は違う... 続きを読む
  • いつもブログをご覧いただきありがとうございます。先日はトレーナ仲間と八事の坂を利用してトレーニング会をしてまいりました。(とはいってもその後の打ち上げメインですが)無酸素運動におけるリカバリーの弱さを実感しました。簡単にいえば、100mを全力で走るようなトレーニングに慣れていないのです。ややきついっていうペース(LT付近)で我慢して走るというのは慣れているのですが・・・(サブ3のイメージはこちら)ただ「... 続きを読む

プロフィール

行方ランニングコーチ・トレーナー・鍼灸師・ランナー  PB/Half1:23:40/Full3:01:11  7年連続飛騨高山100㎞完走

Author:行方ランニングコーチ・トレーナー・鍼灸師・ランナー  PB/Half1:23:40/Full3:01:11  7年連続飛騨高山100㎞完走
   
「自己記録の更新をした時の達成感・・・。」

「初マラソンを完走した時の充実感・・・。」



目標を持って、その目標を達成したとき

どのような気持ちでしょうか?

映画を観終わった時や、本を読み終わった時とは、また違う感動がありませんか?

マラソン(ランニング)は自分の成し遂げたこと・走ったことで自分自身が感動することができる

身近なスポーツの一つだと思います。

また、時としてそれは周りの人たちへも感動をあたえることができる素晴らしいものだと思います。

このことはレベルやカテゴリは関係ないものと、確信しています。

私もそのような経験があります。

だから、多少苦しくても走り続けるのかもしれません。


一つ大事な事は前向きに一生懸命に頑張っているかどうかではないでしょうか。

これはマラソンやスポーツに限ったことではなく、仕事や人生においても同じことがいえるのかもしれません。

その中でケガや体の不調があり、一時的に落ち込むこともあるかもしれません。
しかしリライズランニングプロジェクトは一生懸命な、前向きなあなたを応援いたします。

一緒に感動を共有しましょう。

皆様のご参加をお待ちしております。

QRコード

QR